この道の果てまで

山下忠彦

シンガーソングライター、俳優、ラジオパーソナリティとしてご活躍中の山下忠彦氏の、コラム『この道の果てまで』『山下忠彦LIVE!太陽にあたる場所』FM845毎週月曜日13:00〜。『夕暮れエンタテイメント』FMハイホー81.4毎週火曜日18:00〜。『奈良町チャンネル』奈良どっとFM78.4毎週水曜日21:00〜。『ちさとシアター』隔週木曜日18:00〜。ONAIR中。

yamashita_2.jpg

「夏終改生喜」

第85回

2013.09.15更新

タイトルの意味

なんて読むのか特になし…

今回の内容を表す熟語みたいにとらえて下さい。

あー・・・
夏が終わってしまった・・・

毎年毎年この時期は寂しく切なく虚しいets…

働かなきゃ、働かなきゃと思いながら
私の8月は例年よりあっという間の熊五郎~。

ホンマに顔は熊並みに黒くなって行きましたが
既に日に日に白く戻りつつあります。

まあ今年の夏のようなしんどさは
今年だけと思いながら
この苦しみはいつか越えられると
いや
こんなの
もっと大変な人達に比べたら
なんの苦しみでもない
へーでもないと。

それより、毎日充実していて
有り難かったですね。

また自分の不注意でバイクで転び
自分と人の命の有難さと尊さも身に染みました…。

そんな夏が過ぎたと思ったら
さっそく来ましたこのシーズン

台風です。

毎年各地で被害にあわれた映像などを見て
大変やなぁ~と他人事でしたが
まさか自分が住んでいる京都に
それも住んでる地域に避難勧告が出るなんて
思ってもみませんでした。

確かに川と川に挟まれた住宅街ですが
洪水や土砂災害なんて全くの無縁と思ってました。

自分よりも周りの方々が心配して
朝早くからメールを何件かいただきました。
TVをつけると嵐山の渡月橋が今にも流されそうになってる。

心配になってまだ風がボウボウビュウビュウ酷い中
合羽着て、念のためヘルメット被って近所の川の状態を
見に行きました。

なんとそこには見慣れた景色とは違う
濁流で水の多さに恐ろしさを感じました。

と言いつつ
土手はかなり高いし氾濫は・・・しないだろうと
昼までには雨も止むとの予報なので
とりあえず二度寝しました。

ラジオに向かう前にTVをつけると
思ってた以上に被害も凄いみたいで
外も騒がしくやたらとヘリコプターはうるさいし
もう一度川を見に行くと

なんと!

氾濫寸前やん!!!

氾濫してたら間違いなく
浸水してて、バイクも水の底
軒下に住み着いている猫も
流されていたでしょう・・・。

でも春にお花見をした出会い橋は水没・・・
その前の年の場所も、その前の前の場所も水没・・・

そんな事になっているとはツユ知らず
ゆっくりのんきに寝てましたが
もしかしたら朝起きて1階に下りて来るなり
いきなりざぶ~んと溺れていたかもです。
ってもともと台風が通り過ぎた後みたいな
濁流に流された感のある部屋ですが・・・。

これがほんとの台風一家の部屋
と、最近まで思ってました・・・。

まあこれを機会に
いつ何があってもおかしくないんやなぁと
災害には備えておかななぁと
改めて思いました。

被害にあわれた皆様、何て言えばいいかわかりませんが
お気の毒でご愁傷様でした。

そんな異常気象な日本の気候ですが
東京オリンピック開催決定~!
おめでとう御座います~!!!。

まだまだ先の話でピンと来ませんが
って言うより
自分は別にどこでやろうと
何が嬉しいって訳じゃないです。

逆に

海外で行われるほうがワールドワイドで
日本人が海外でチャレンジして来る!
みたいな感じで
どっちかと言うと
海外で行われる方がオリンピックらしいような…
開催にはそれなりに開催地の準備は大変でしょうから。

まあ日本で行われる以上、
自分達もオリンピックに関連する仕事に呼ばれるよう
これから頑ばらないと。

まあ開会式で、日本の伝統文化として殺陣披露なんて出来れば
凄いでしょうね~。

と言っても
ただTVの前でのんびり見ているだけになるような…

それも連日かぶりつきで!!。

それはそれで穏やかに平凡でいいかもです。

と言うのも
東京オリンピックの2020年にはどうなっているのか
わかりません。

その頃は自分は五十ウン歳

果たして生きているのか死んでいるのか・・・?。
って
最近ライブのお客さんの前で話してしまいました。

自分のライブのお客さんは益々高齢の方々が多いんです…。

そんな人達の前で言ってから

しもたっ!!!…と。

まあなんとも言われない空気になってしまいました・・・。


でも2020年のその頃には

まだまだ
ますます
今以上に世の中や周りの人達に必要とされる人間になり
世の中の役に立つ活動はしていたいですよね。

BACK NO.

この道の果てまで

第84回『45歳の夏』

第83回『2013後半に向けて』

第82回「九死に一生」

第81回「山下忠彦45周年」

第80回 7周年&8周年

第79回 冬は必ず春になる

第78回 やってみたら凄かった

06430__90_bc_95.jpg過去の『この道の果てまで』。その他に山下忠彦の魅力が満載の『山下忠彦コーナー』も。

CLICK HERELinkIcon