この道の果てまで

山下忠彦

シンガーソングライター、俳優、ラジオパーソナリティとしてご活躍中の山下忠彦氏の、コラム『この道の果てまで』『山下忠彦LIVE!太陽にあたる場所』FM845毎週月曜日13:00〜。『夕暮れエンタテイメント』FMハイホー81.4毎週火曜日18:00〜。『奈良町チャンネル』奈良どっとFM78.4毎週水曜日21:00〜。『ちさとシアター』隔週木曜日18:00〜。ONAIR中。

yamashita_2.jpg

「冬は必ず春になる」

第79回

2013.03.15更新

550498_357911637632825_760882939_n.jpg三月に入りましたね~。

春っぽく、卒業シーズンでもありますが
まだ各地では雪の被害がすごいですねぇ。

三月に入り早速ライブをしました。
三日の雛祭りでしたが、ふと思ったのが
最近の子供はお雛様の人形を見て
果たして喜んでいるんだろうか?

リアル過ぎる人形って大人が見ても怖いですよね?
自分は市松人形が苦手です、ごめんなさい…。

なので子供なら尚更怖いんじゃないかと。

飾らないで~っ!

出さないで~っ!て
泣いてる子供もいるんじゃないかと。

夜泣きする子供や、この雛祭りシーズンになると
憂鬱になる子供達もいるんじゃないかなぁ…。

人形屋さんもそれを察してか
お人形の顔がリカちゃんみたいになっていたり
妙に洋服っぽいのもありました。

やはり今の子供達が夢中なのは
パソコンやテレビゲームですよね

確かに面白い!。
自分達の幼少期には無かった過激なゲームや
人間同士がバンバン撃ち合ったり
リアルで難解なゲームが当たり前の世代。
全く付いていけてません。

前に海外に行った時に、空港で恐ろしいゲームを見ました。

首をつっている人間を的に、何本も弓矢で狙い射すという・・・

それを子供が嬉しそうに必死で得点を競い合っている…。

見てはいけないものをみてしまいました。

ウルトラマンや仮面ライダーのビニール人形で
小学4年生位まで遊んで喜んでいたた世代とは
違いますよねぇ・・・。

おもちゃ屋に行けば、今でも新しいウルトラマンや
仮面ライダーの懐かしい人形は売ってましたが、
遊んでいる姿はあまり見ていないからか・・・。

でも最近の子供で感心した事があります。

電車で見かけた小学1年生位の男の子が
読書をしてました。
ぱっと表紙を見たら何とも子供らしく
ドラエモンを読んでいました。

がっ

よく見ると
セリフが全部英語でした!!!。

又違う日は、女子中学生らしい子が読んでいたのはなんと!!!
ゴルゴ13でした・・・。

渋い!!!

あんなR指定が入るような
自分も人前で読むには抵抗があるアダルトな
ハードボイルドなマンガを熱心に、
食い入るように読んでました。

誰か暗殺か狙撃したい人がいるんやろか…。

悩みがあるなら山下忠彦のライブに来ればいい!!!

老男女の方々と
我を忘れて踊ればいい!!!

でも、そんな浮かれてばかりはいられない。

今月は東日本大震災から2年
改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

あっという間の2年でしたが
実際に災害に遭われた方々からすると
何にも変わらない辛く長い日々やったと思います。

まだ傷が癒えない人達に
何かしてあげられる事は無いかと思っても

衝撃が強すぎて
無くしたものが大き過ぎ 多過ぎ

当の本人にしかわからない苦しみやと思います。

チャリティーをしたりして来ましたが
やはり本当の苦しみや傷は
まだまだ癒してはあげられません。

まだまだ手付かず
まだまだあの日のままの場所

思い出したくない思い出やトラウマ
それぞれが抱えている問題や悩み。

まだまだ時間はかかると思いますが
同じ日本人として
同じ人類として
何が出来るのか・・・
歌いながら演じながら
微力ながらもして行きたいと思います。

まあ、災害に遭われた方々の事も大変ですが
あれから流れた時間の中で
世界中で色々な事件に巻き込まれた方々や、
また新たな災難に遭われた方々もおられます。

そういう自分もこの2年の間に生活に追われ
自分の事で精一杯でした。
って比べられる様なもんじゃないですねぇ。

まあ大なり小なり皆さん何かと色々あるでしょう。
お互い前進あるのみ
頑張りましょうね。

雪と花粉が一緒に舞う季節ですが
まだまだ急に寒かったり暑くなって来たり
外で仕事をしていると大変ですねぇ。

花粉症だと認めたくないけど
明らかにその症状が出ている自分・・・。

くしゃみの連発!!!

目がかゆいかゆい!!!

身体がだるいだるい!!!

眠たい眠た~い!!!

何故同じ言葉を2回繰り返すのかわかりませんが
これも健康な身体やまだ生きていられる人生が有るからこそ
言える贅沢な悩みなんですねぇ。

自分自身に課せられた問題
まだまだ色々身の回りにありますが
本当に大変な人達の中で自分の悩みなんて

ちっさいちっさいミジンコです。

越えられない壁は無い!!!
お釈迦様は最後に言われました。

世の中の諸行は無常であると。

多分こんな事やと思います。
手に入れた幸せも
日々努力精進無くしては失って行き留まらない。

同じように、苦しみや悲しみも
日々の努力や精進や時間によって留まらず
いつか越えられる時が来る。

冬が春に必ずなるように
人生の氷河期も、必ず氷が溶けて
温かい日々が訪れる。

でも、

若さも留まらない!!!

どうしようもない!!!
与えられた人生の命の時間を
精一杯生きて行きましょう!!!。

最後に2ndアルバムに入っているこの曲を。

「冬は必ず春になる」

街に自由を求めて 今夜も集団で走り続ける
青い魂

風に舞うゴミクズと共に 地面に溶け込むように座り込む
無気力な顔

自由と無秩序 履き違えている 無責任が服を着てる様

冷めた心に火を着けて 夢があるのなら
真っ直ぐに 目を逸らさずに見つめて

冬は必ず春になる やがて咲く花に
情熱の水を与え続けてね


暗いと不平を言うばかり 原因は心の中に有る事を
気付きもしない

どんなにお金を払っても 神様は何もしてくれはしないのさ
誰のせいでもない

いい家に住んでも いい車乗っても 幸福と裕福は違うよ

誰も言えない悩みや 誰にも頼れる事が出来ず
投げ遣りになる日もある

だけど 本当の幸せを見つけたいのなら
まずは一歩 ぬるま湯の中抜け出せ

冬は必ず春になる 今は辛くても
充実の風 君の心に吹いて来る

冬は必ず春になる やがて咲く花に
情熱の水を与え続けてね

以上

辛い冬の時期があるからこそ何気ない暖かな春が
愛おしく有り難く感じるんですよねぇ。

まあ

冬も春も夏も秋も

人生色々あって、ただ生きて居られる事を

改めて楽しんでます。



BACK NO.

この道の果てまで

第78回 やってみたら凄かった

06430__90_bc_95.jpg過去の『この道の果てまで』。その他に山下忠彦の魅力が満載の『山下忠彦コーナー』も。

CLICK HERELinkIcon