泣き虫日記

髪 切 達 人

京都・上賀茂 御薗橋。閑静な住宅街の中の隠家的理髪院『古川理髪院』の親父の泣き虫な日記。腰に鋏を刀の代わりにぶら下げて『SAMURAI』の『心』をいつも持つ。昭和37年生まれの寅年。最近涙もろくなってきている。

SHINYA-FURUKAWA PRO PHOTO.jpg

偽善と自己満足。それでも続ける意味がある。

第14回

2015.01.15更新


IMG_4079.JPG

訪問散髪。
自閉症のお子さんの散髪。
パニック障害の方々の散髪。
ピンクリボンの事業。
NPO法人の理事としての乳がんの検診の啓発活動。

それらをやっていて思う事。

いろんな方々と接すると
その方々の境遇のいろんな事に心が入り込んでしまう時がなる。

それでも何もできない自分がいる事にぶつかる事も多々ある。

そんな時に
ある言葉を聞いた
『そんなん偽善やん。自己満足やで!』って

ちょっと違う気がする。

24時間テレビのギャラの問題や、障害者の方々の『障害はエロス』の発言。

とても理解できる。

ある方向からみれば正しい。
間違っていない。

でもね
この問題はね
一つの場所からの視線からの見解では解決できない事っていっぱいあると思う。

多方面の場所に立って、
そこから
何がベストなのかを選んで、
そしてそれに対して自分が何をすれば
無理なく、そして自分自身が崩壊しなくてもできるかのバランスをとって
それを実行しないといけないと思う。

きれいごととちゃう。
まったくきれい事ではないんよね。


自己満足
偽善で結構。

そういわれてもいい。

私は今の活動をやめるきはない。

望まれてしている。
今、目の前で困っている人がいる。

其の方を自分家につれてきて
生活の面倒を見る事はできないよ。

でも
今、自分が出来る事。
それをしたらいいんとちゃうの?って思う。

時に、
こっちの精神的に弱い時に
その境遇のオーラに引き込まれる事がある。

でもちゃんとセーブしてガードしなくちゃね。

それがとても大事。


『自己満足』『偽善』
おおいに結構。

自分がしたいという自己満足ではなく、
嘘もついてない。

望んでおられる方がいる。
だから答える。
それを一生懸命させていただく。

なんか
あかんかなぁ?

なんか間違ってる?

そうじゃないと
成り立たないんちゃうかな?

ってさ。