電気ぶたナマズ

hebi* (ナ マ 田 あ す か)

独特の切り口、独特の表現、独特の世界観!しかし読み終わってからジワっと「なるほど。。」リシーヴ連載当初から人気大爆発の『ナマ田あすか』さんのコラム。正体不明の読む快感に中毒者続出!? 『あすかワールド』あなたもそっと、覗いてみませんか??病み付きになります。

mesen1.jpg

【鳥肌】

第86回

2013.04.15更新

IMG_0710.JPG鳥肌とは不思議なものである。

気持ち悪いモノを見た時にゾワッ。

怖い話を聞いてゾワッ。

寒い時にもゾワッ。

しかし温かいお風呂に浸かってもゾワッ。

そして感動した時にもゾワッ。

はたまた何もない時に急にゾワッ。

ゾワゾワゾワゾワ鳥肌立ちに忙しい昨今である。



そもそもあたしの鳥肌は、大体において左半身専科である。

殊に、気持ち悪いモノを見た時には、顔の左側だけである。

これもまた不思議。

そこでちょっと調べてみた。

なるほどー!と感動。けれど、この場合鳥肌は立たない。

しかし今あたしにはこの理由がわかるのでご紹介。



状況から察するに、鳥肌は何か感情が揺さぶられた時

つまり神経が緊張あるいは興奮した時に立つのだとわかる。

何らかの刺激に対して反応するのは自律神経であり

その刺激を興奮として伝えるのが自律神経の中の交感神経である。

ここまでは、高校の生物学で習った。

ではどこに鳥肌が立つのかを考えてみると

これは刺激を「感覚」として受け取ったのであれば右脳が反応し

左半身に作用しやすいということなのだろうが

左半身のどこに出現するかというのは末梢神経レベルなので

神経まかせなのでは、という曖昧な結論しか見つけられなかった。

しかしこれで左半身の鳥肌がわかった。



わかりやすい例でたとえると

猫が喧嘩の際、毛を逆立てていることを考えると良い。

猫は喧嘩において、毛細血管を収縮させて出血を最低限に、

毛を逆立てて身体を大きく見せて威嚇する。

これは人間における鳥肌と同じことが起きており

人間もその昔は体毛に覆われていたことを思い起こさせる。

そういうことなのだ。

興奮や緊張という平常ではない状態に備えて毛が逆立つ。これである。

これで、気持ち悪い・寒い・感動の際の鳥肌に合点がいく。



次になぜ色々知らべて感動した時には鳥肌が立たなかったのか。

これは左脳で論理的に考え思い当たったことであるため

左脳よりも右脳に鋭敏になっている人間には云々ということだろう。



では温かいお湯に浸かった際の鳥肌とはどういうわけか。

これは下半身が急激に温まったのでこれまでの平常ボタンがリセットされ

上半身が寒いと感じてしまっているということなのらしい。

これで、温かいのに鳥肌が立つ現象にも納得だ。



最後に調べても調べてもわからなかったのが

何もしていない時に急に鳥肌が立つ。

あるいは寝ている時にも左首の辺りがくすぐったくてたまらない

などという子供の時からのゾワゾワ現象なのだが……

これは、なんというかどうやらシックスセンスの問題らしいのである。

まーなんとなくそうではないかと、言われてみればやっぱりかと。

今、目に見えないゾワゾワも、何十年か先には

常識になっているかもしれない。

見えないからといって否定しない。

見えないモノがある方が夢があってステキだし。

全部見えなくて良いということが重要だということももう知っている。

見えないゾワゾワとこれからも仲良くしていこう。

今晩もまたゾワッと。見えない何かにおやすみなさい。

BACK NO.

電気ぶたナマズ

第85回【たとえばイボを見つけた時に】

第84回【大人最高】

aho.jpg過去のコラムはこちら

CLICK HERELinkIcon