うつですが。なんぞ?

みじんこ

うつ暦『うん十年』。ポジティヴに『うつ』を生きる迷わない女。精神安定剤とタバコと酒とコーヒーをこよなく愛し、自分を冷静に見つめる。時に陽に時に陰に。天然性不良。

IMG_0571.JPG

くるくる観覧車。no.02

  • IMG_0313.JPG大丈夫なはずだったのね。きっと大丈夫って思ったのね。で、そんな兆候も無かったのね。だって姪っ子と一緒だし、姪っ子を守らなければいけいないし、ちょっと自信もあったのね。神戸のモザイクの観覧車。それも小さいのだから数分しか乗らないし絶対大丈夫だとね。
  • くるくるって観覧車の箱?がおりてきて、それに先に姪っ子をのせたのね。『ほら、ちゃんとゆっくりのって、すぐにすわるんよ。ほら!』って。で私がのって…
  • そしたら私の後ろでドアが閉められて、鍵みたいのを閉める音が聞こえたの。
  • 『がちゃーーン』って。たぶんそんなに大きな音じゃないんだろうけど。
  • 私にはとても大きな音に聞こえたのね。かなり、かなり大きな音だった。
  • その次の瞬間にきちゃった。
  • 久しぶりにきたのよ。
  • 数秒我慢したのよ。これでも。
  • でもだめやった。
  • さけんでた!
  • 『おろしてーー!』て
  • 姪っ子の目が点になってた。
  • 観覧車の係員のおじさんが
  • なんか言ってる。
  • もうとめられないみたいな事を……。
  • きたのよね。しばらくぶりにきちゃったわ。
  • 我慢した。うなりながら我慢した。
  • 観覧車の頂上について
  • 観覧車の半分が済んだ時にちょっとだけましになってきた。
  • それからは
  • 恥ずかしさがこみ上げてくるのよね。おりる時にどんな顔をしょうか?って
  • おじさんにどんな事言おうか!?って。
  • 汗がでてくるのよね。背中に。その汗がお尻のところまで伝わるの。
  • 流れるって感じ。

   なんていおう。なんていおう。
   姪っ子はまだ点の目。