WEBマガジンリシーヴ2018年初秋号(3年ぶりにこっそり復活号)

いやいや。3年もあいちゃいましたね。
復刊といっても季刊ですが、
いつものゆるいペースで
ぼんやりとまったりとアップいたします。
がんばる人を応援する人生の泣き笑いWEBマガジンリシーヴです。
はい。がんばる人を応援いたしております。
はい。頑張ります。
WEBマガジンリシーヴ 変酋長

2015/10/01更新号(通巻114号)

次回は2019年1月1日です。

なんてったってアイドルが好き! 

福 本 敏 弘

WEBマガジンリシーヴ創刊当時からの『映画に学べ』で和泉歳三として執筆。
今回の復活号から本名で登場。
大分ご当地アイドルSPATIOプロデューサー 東京でCMディレクターとしてCMを手掛けると同時に、タレントのキャスティングも担当していた経験を活かし、平成22年地元大分県でモデル事務所シネマスコープ設立。
平成23年中高生モデルの中から選抜して、ご当地アイドルSPATIO(スパティオ)結成。 現在活動7年目。 10期生、KIDSが今夏デビュー。

今月号のコラムはこちら

この道の果てまで 

山 下 忠 彦

シンガーソングライター/役者/ラジオパーソナリティ/殺陣教室講師
☆音楽活動 ブルーススプリングスティーンや浜田省吾に影響を受け、18歳から作詞作曲を始める。 年間約40本のライブを行う。 曲作りのテーマは「希望」 CMソングやナレーション、プリンセスラインバスや京都タワーのイメージソングなどを手がける。 現在までアルバム6枚 シングル2枚リリース。
☆役者活動 17歳の時に真田広之に影響を受け ジャパンアクションクラブ(JAC)に入る。 主演舞台 「八頭」「元の木阿弥」「大和の風」 「一本刀土俵入り」など 殺陣を中心とした舞台 「大化の改新」「牛若丸」「輪違屋騒動」 「ひいらぎ」など 大坂の陣400年祭りの冬の陣と夏の陣や 真田幸村博にて 真田幸村を演じる。 2008年に殺陣チーム「瓏蓮者(ロンレンジャ)」を結成し バリ島にて大統領前のパフォーマンスや オーストラリアやシンガポールやジャカルタなどの海外公演も行う。(現在は羽々斬に改名) 2016年より忍者堂メンバーの歌狼(がろう)として活動を行う。 立ち回りをしながら歌うライブは 「侍シンガー」として名乗り活動している。
☆ラジオパーソナリティ活動 FM845(月)12pm 「山下忠彦LIVE!太陽のあたる場所」 FMGIG(月)23pm 「山下忠彦のラジオ侍!」 ならどっとFM(水)21pm 「奈良町チャンプル」

今月号のコラムはこちらLinkIcon

電気ぶたナマズ 

h e b i *

独特の切り口、独特の表現、独特の世界観!しかし読み終わってからジワっと「なるほど。。」リシーヴ連載当初から人気大爆発の『hebi*』さんのコラム。正体不明の読む快感に中毒者続出!? 『蛇ワールド』あなたもそっと、覗いてみませんか??病み付きになります。

今月号のコラムはこちらLinkIcon

うれしがり日記 

G O N G

奈良県在住 地元NPO団体理事を務めるかたわら
パソコン教室講師、ラジオパーソナリティ等を行う。
カネのかからない物なら何でも集めるコレクター体質。
広く浅く手を染める趣味人間。

今月号のコラムはこちらLinkIcon

生生流転

森 慶 心

ラーメン店「天骨庵慶心」代表。
1979年熊本県生まれ、2001年龍谷大学文学部哲学科哲学専攻卒業。
フリーター、区役所嘱託職員、ラジオDJ、大手酒類メーカーグループ会社勤務などを経て
2014年より現職。
京都屈指の濃度にも関わらず、スッキリとした後味を兼ね備えた濃厚ラーメンと、
先祖伝来の強面とは正反対の、ユニーク且つマシンガンな接客トークには定評あり。

今月号のコラムはこちらLinkIcon

さうんど おぶ さいえんす(美音への道)

谷 口 元 信

京都を拠点に、日本全国にある映画館を飛び回る音響職人。
1,000スクリーン以上の音響設計に携わり、シネマサウンドの調整も施すエンジニア。
音響機器の輸入元会社に勤務し、現在はAMPとして独立。
もしかしたらお近くの映画館も、AMPサウンドかも?

今月号のコラムはこちら

うつですが。なんぞ?

MI>ZI*N=CO(みじんこ)

うつ暦『うん十年』。
ポジティヴに『うつ』を生きる迷わない女。
精神安定剤とタバコと酒とコーヒーをこよなく愛し、自分を冷静に見つめる。
時に陽に時に陰に。天然性不良。

今月号のコラムはこちら

泣き虫日記

古 川 晋 也

京都・上賀茂 御薗橋。閑静な住宅街の中の楽屋的理髪院『古川理髪院』の親父の泣き虫な日記。
腰に鋏を刀の代わりにぶら下げて『SAMURAI』の『心』をいつも持つ。
昭和37年生まれの寅年。最近涙もろくなってきている。

今月のコラムはこちら